糖尿病diabetes

糖尿病とは

糖尿病のイメージ写真

健康な人の場合、血液中のブドウ糖をバランスよく全身の細胞内に送り届け、エネルギー源として利用することが出来ます。
そして、食事によって必要以上の栄養を摂取したときでも、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンによって、血液中のブドウ糖の量(血糖値)が過剰にならないよう、調整することが出来ます。

ところが、何らかの要因によって十分な量のインスリンが産生されなくなったり、産生されても適切に機能しなくなってしまい、血管内にブドウ糖がだぶついてしまうことがあります。
このような状態が慢性的に続く疾患を糖尿病と呼んでいます。

診断にあたっては、いくつかの要素を組み合わせて判定することが重要なのですが、原則として空腹時血糖値が126㎎/dl以上の場合を糖尿病、110~125㎎/dlが境界線(糖尿病予備群)としています。
109㎎/dl以下のときは基準値内だとされています。
但し、空腹時血糖値が正常であっても、食後血糖値が高い場合は、動脈硬化のリスクが高くなりますので注意が必要です。

糖尿病は、かなり進行するまで自覚症状が強く現れません。
しかし、恐ろしい合併症がいくつかもあります。
特に注意しなくてはならないのが、

  1. 失明する危険の高い「糖尿病網膜症」
  2. 尿毒症や腎不全を併発しやすい「糖尿病性腎症」
  3. 痛みや壊疽の原因となりうる「糖尿病性神経障害」

です。

失明したり、人工透析が必要になったりすると、日常生活に大きな支障が出ます。
このような事態を起こさないためには、糖尿病が進行しない段階から治療を受けることが大切となります。

このような症状の方はお早めにご相談ください

  • 健康診断などで「血糖値が高い」と指摘された
  • 喉がよく渇く、水をよく飲む
  • 尿の回数が増えた、尿のにおいが気になる
  • 体重が急激に増加、または減少した
  • 最近、疲れやすくなった
  • 満腹感が得られない(いくらでも食べられる)
  • 手足がしびれる
  • 足がむくむ
  • 皮膚が乾燥して痒い、皮膚に出来物ができやすくなった
  • やけどや怪我をしても、あまり痛みを感じない
  • 切り傷やその他の皮膚の傷が治りにくい
  • 視力が落ちてきた、目がかすむ
  • 意識が混濁することがある など

糖尿病の種類

糖尿病には幾つかの種類がありますが、日本人に最も多く見られるのは「2型糖尿病」です。
膵臓で作られるインスリンがうまく機能しなくなることによって血糖値が高くなってしまうタイプであり、日本における糖尿病患者の約95%を占めています。
以前は中高年の方に発症することが殆どでしたが、食生活の欧米化などを背景として、現在は10代、20代で発症することもめずらしくなくなりました。

2型以外では、インスリンの産生量自体が極端に減少している「1型糖尿病」の方が少なからずおられます。
主に小児期に発症することが多いと言われていますが、青年期に入ってから突然発症することもあります。

この他、妊娠をきっかけとして血糖値が高くなる「妊娠糖尿病」、インスリン作用に関わる遺伝子の異常、がんなどの疾患が原因となるタイプの糖尿病もあります。

主な治療法

現在の医学では、糖尿病を完治させることはできません。
一旦罹患したならば、一生つきあっていく必要があるのです。但し、糖尿病そのものは治せなくても、血糖値を正常に保ち、それと同時に体重や血圧なども良好な状態に保つことにより、糖尿病による合併症のリスクを軽減することは十分に可能です。

1型糖尿病の治療にあたっては、インスリンを適切に補充することが基本となります。
これによって血糖値をコントロールできますので、糖尿病に起因する様々な疾患を防ぎ、通常の日常生活を送ることが出来ます。
インスリン注射などでも血糖コントロールが困難な場合は、膵臓移植が選択されることもあります。

2型の治療でも、継続的な血糖コントロールが基本となります。
1型とは異なり、生活習慣を改善することでインスリンの作用を正常に近づけることが出来ますので、医師の指導のもと、まずは食事療法と運動療法を並行して行います。
これだけで血糖値が正常になる患者さまも多くいらっしゃいます。

但し、すでに糖尿病が進行してしまった場合や、食事療法などで血糖値などが改善しなかった場合は、内服薬による薬物療法などを行うことになります。