高尿酸血症(痛風)gout

高尿酸血症(痛風)とは

高尿酸血症(痛風)のイメージ写真

私たちの血液中にはもともと若干の尿酸が含まれています。
これが適量ならば特に問題は起こらないのですが、適正値(男女ともに血清尿酸値7㎎/dl以内)を超えてしまうと、針状の尿酸塩の結晶が出来やすくなります。
このように、尿酸値が高くなって尿酸塩が出来やすくなった状態が高尿酸血症であり、注意が必要です。

なお、健康診断などを受けた際に、検査結果報告で「血清尿酸値の基準値は男性3.8~7.5㎎/dl、女性2.4~5.8㎎/dl」と記載されていることもありますが、この数値は参考程度に捉えておけば大丈夫だと言われています。
尿酸は水に溶けにくい性質を有していますが、7㎎/dlまでの尿酸は血漿の中に溶け込むことが多いからです。

但し、健診での他の検査数値によっては、尿酸による弊害が起こる可能性もありますので、まずは受診していただき、治療の必要性をご確認ください。

痛風とは

高尿酸血症により、結晶化した尿酸が全身の様々な関節に蓄積され、炎症を引き起こす疾患です。
特に、足の親指の付け根が赤く腫れあがり、突然、激しい痛みが起こるケースが多く見られます。
この他、足の関節や膝関節、アキレス腱の付け根、手関節に激痛発作が生じることもあります。

最近は治療法が進歩し、正しい治療を受ければ健康的な生活に戻ることが出来ます。
しかし、適切な治療を受けずに放置しておくと、様々な部位に結節が広がったり、動脈硬化が進行したり、腎不全や尿路結石症などの合併症を引き起こしたりします。

男性に多い疾患です

痛風は圧倒的に男性に多く見られる病気です。女性の患者さまは全体の2%程度しかいません。
女性ホルモンの作用により、痛風の原因となる尿酸が排出されやすく、血清尿酸値(血液中の尿酸濃度)が男性よりも低くなるため、痛風のリスクが少ないからだと考えられています。

50歳を超えて女性ホルモンが低下してくると、尿酸値の男女差は縮まっていきます。
しかし、痛風発作は血清尿酸値が高い状態が数年間以上、継続しないと発症しないと言われていますので、中高齢者でも男性の患者がやや目立つ傾向があります。

なお、女性は痛風になりにくいのですが、まったくならないと言うわけではありません。
遺伝的な要素、薬物の影響などもありますので、足の指などに痛みが生じた際は、医療機関を受診するようにして下さい。

痛風の主な予防法

  • 食事の摂り過ぎ(カロリーオーバー)に気を付けましょう
  • プリン体の多い食物は控えめにしましょう
  • お酒はほどほどにしましょう
  • 水をしっかり摂取しましょう
  • 適度な有酸素運動を続けましょう
  • ストレスを溜め込まないようにしましょう
  • 高血圧などの疾患にも気を付けましょう

治療について

高尿酸血症(痛風)の治療に際しては、まず食事療法と運動療法によって尿酸値の適正化を目指します。
尿酸はプリン体の代謝物ですから、これが多く含まれている食品の摂取を控えめにし、バランスの良い食事を摂るようにします。
さらに、有酸素運動などを積極的に行い、肥満の解消に努めます。

食事や運動療法によっても目立った効果が見られない場合は、薬物療法を行います。
大別して、痛風発作の痛みや炎症を抑える対症療法と、高尿酸血症の治療の2種類があり、必要に応じて非ステロイド系の抗炎症薬、尿酸値を下げる尿酸合成阻害薬、尿酸排泄促進薬などを使用します。