脂質異常症hyperlipidemia

脂質異常症とは

脂質異常症のイメージ写真

血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセリド)の値が慢性的に高い状態、もしくはHDL(善玉)コレステロールの値が低い状態を脂質異常症と呼んでいます。

健康な人の場合、LDLコレステロール値が140㎎/dl未満、HDLコレステロール値が40㎎/dl以上、中性脂肪が150㎎/dl未満です。
この3つの数値のいずれかが逸脱すると脂質異常症になります。
また、LDLコレステロール値が120~139㎎/dlの場合を「境界域高コレステロール血症」と呼び、その他の生活習慣病(糖尿病など)の罹患状況を見極めて治療の必要性を判断します。

早期治療が大切です

糖尿病などと同じように、初期段階では自覚症状はほとんどありません。
そのため、健康診断で脂質異常症を指摘されたとしても、あまり深刻にとらえず、医療機関を受診されない方もおられるようです。

しかし、放置していると、中性脂肪やLDLコレステロールが血管の内側に張り付き、硬くなっていきます。
動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳卒中などのリスクがじわりじわりと高まっていくのです。
そして、ある日突然、心臓病や脳卒中などを発症するため、沈黙の病気(サイレント・ディシーズ)とも呼ばれています。

脂質異常症の予防法

  • 栄養バランスのとれた食事
  • コレステロールを多く含む食品、脂っこい料理を控える
  • 糖質(炭水化物)を摂りすぎない
  • お酒はほどほどに(ビールならば1日1本程度)
  • 1日30分以上の有酸素運動を週3回以上行う
  • 適正体重に近づける
  • 十分な睡眠
  • ストレスを溜めず、リラックスする
  • タバコは止める など

主な治療法

食事療法と運動療法によって生活習慣を見直すとともに、必要に応じて薬物療法を併用して脂質異常症を改善させます。

一般的には、まずバランスのとれた食事の内容を目指します。
動物性脂肪を含む食品を減らし、植物性脂肪を含む食品に変更するのです。
中性脂肪値が高い人は、糖質の多い食品やお酒を控え、総摂取カロリーも適正化します。
悪玉コレステロールの値が高い方は、コレステロールを多く含む食品(卵黄、魚卵、肉の脂身など)を控えるとよいでしょう。

運動療法では、身体に適度な負担がかかる程度の運動を30分。
これを毎日続けることが望ましいのですが、「仕事などが忙しくてなかなか続けられない」という方も多くいらっしゃいますので、まずは週に3回程度を目指します。

食事療法や運動療法でも効果が見られない場合は、血液中のコレステロールを減らす薬(メバロチン、リポバス、ローコールなど)などを用いた薬物療法によってコレステロール値や中性脂肪値を低下させます。