高血圧症hypertension

高血圧症とは

高血圧のイメージ写真

多くの方がご承知の通り、血圧が慢性的に高くなってしまう疾患です。
心臓から送り出された血液が血管壁に与える圧力が高くなると、血管に過度の負担がかかり、様々な問題が増えていきます。
健康な人の場合、最大血圧(心臓が収縮して血液を送り出したときの血圧)は140㎜Hg未満、最小血圧(心臓が拡張したときの血圧)は90㎜Hg未満。これよりも高い状態が続いている方は注意が必要なのです。

人の血圧は自律神経によって調整されており、高くなったり低くなったりを繰り返しています。
それに加え、ストレスや身体疾患、生活状態、食事、気温、運動、睡眠などによっても変化してしまいます。

ですから、血圧測定を一回、行っただけでは判断がつきません。
普段リラックスしているときは正常値だけれど、医療機関で血圧を測ったときには緊張して数値が高くなってしまう人もいます(白衣性高血圧)。

これとは逆に、健康診断などでは正常値なのに、家庭や職場での血圧が高い人もいます(仮面高血圧)。
健診を受けるときはリラックスして問題は出現しないけれど、普段の生活では高ストレスなどによって常に血圧が高くなっている状態です。

医療機関を受診したときや、健康診断を受けたときだけではなく、ご自分でもポータブルタイプの血圧測定器を入手し、定期的に血圧の状態を確かめるとよいでしょう。
そして、高血圧の状態が頻繁に見られたときは、速やかに受診し、確定診断を受けてください。

高血圧に起因する合併症

高血圧症に罹患したとしても、初期の段階では自覚症状がほとんど見られません。
しかし、その間にも血管には過度の負担がかかり続け、傷ついていきます。
これにより、血管内が徐々に固まって柔軟性を失い、動脈硬化が進行します。
その結果、次のような合併症の発生リスクが高まっていくのです。

  • 脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)
  • 心臓病(うっ血性心不全、冠状動脈硬化、心肥大、心筋梗塞、狭心症)
  • 腎硬化症、腎不全
  • 大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症 など

高血圧症の治療

高血圧を引き起こしている原因にもよりますが、一般的には、食事での塩分摂取量を減らし、野菜の摂取量を増やし、適度な運動を継続的に行い、肥満を是正するなど、健康的な生活習慣に見直します。
特に、食塩は血液量を増加させて血圧を上昇させたり、心臓に負担をかけたりしますので、減塩対策はしっかりと行いましょう。

こうした生活習慣の改善によっても高血圧が改善しなかった場合には、薬物療法を開始します。
血圧が危機的な水準に達している場合や、脳卒中、心臓病、腎臓病の場合はすぐに降圧薬などを用いることもあります。