院長紹介doctor

院長ご挨拶

院長 山本 穰司 院長 山本 穰司 診察の様子

この度、鎌ケ谷市初富に、鎌ケ谷メディカルクリニックを開院することとなりました、山本穰司と申します。私は、平成元年に新潟大学医学部を卒業後、東京大学附属病院・東京医科歯科大学付属病院で研修を行い、平成6年より千葉県内に勤務しています。

当時より、地域の患者さんの外科治療、特にがん治療に取り組み、平成19年に、鎌ケ谷総合病院開院からは、副院長として引き続き外科治療を行ってきました。また、地域の総合病院の大きな使命である救急医療、24時間365日患者様の受け入れを可能にする体制つくりを担当してきました。

平成22年に鎌ケ谷総合病院 病院長に就任しましたが、在任中は、がんで苦しむ患者さんを少しでも減らすことができないか、と考え、早期発見のための検査医療の充実、化学療法センター設立、放射線治療導入、緩和ケア診療の開始などを行いました。
その間、多くの実力のある医師・スタッフに恵まれ、高度医療の実践が可能な病院になりました。そこで、その高度な医療を、外国人患者様にも提供し、国際的な知名度を持った病院を目指し、外国人患者受入れ医療機関認定(JMIP)の習得に至っております。

また、以前勤務した鹿児島県奄美大島で行った離島医療の経験から、在宅医療などの地域医療の必要性を認識しました。
患者様の社会的背景を理解し、一つの疾患だけにとらわれない医療の重要性も実感し、病院内に総合診療科を開設し、自らその担当となって、取り組んできています。

そのような過程で、「かかりつけ医」の重要性を実感するとともに、「その中に身を投じて実践していきたい」との強い思いから、新規に診療所を立ち上げ、自分の取り組み、構想してきた地域医療を、現実の場で役立てられればと強く思っております。
鎌ケ谷メディカルクリニックを、よろしくお願いいたします。

鎌ケ谷メディカルクリニック
 院長 山本 穰司

略歴

平成元年
新潟大学医学部 卒業
東京大学附属病院、東京医科歯科大学付属病院を経て
平成14年
瀬戸内徳洲会病院 病院長
平成15年
千葉西総合病院 外科部長
平成16年
同病院 副院長
平成19年
鎌ケ谷総合病院 副院長(外科)
平成22年~
(平成31年3月)鎌ケ谷総合病院 病院長(外科・総合診療科)

所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本病院総合診療医学会
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
  • アメリカ救急医学会
  • アメリカ肝胆膵学会

専門医資格

  • 日本外科学会 専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医
  • 消化器がん外科治療認定医
  • プライマリ・ケア認定医
  • 認定病院総合診療医
  • 臨床修練指導医